細菌やウイルスが中耳に入って感染することで起こります。のどと耳はつながっているため、風邪をひいたときに鼻やのどにある菌やウイルスが中耳に入り、炎症が起こると中耳炎になります。発症すると耳の鼓膜が赤く腫れ、水や膿がたまります。

【症状】

主な症状は、耳の痛み、耳漏(みみだれ)、発熱、難聴、めまいです。耳の痛みを訴えられない乳幼児では、極端に不機嫌になったり、夜泣きが激しくなったりします。

耳漏は、炎症により鼓膜が破れ、鼓膜の奥にたまっていた膿が流れでた状態です。お子さんが耳を触るような動作を繰り返すときには注意が必要です。膿がたまったり、鼓膜が破れたりすることで難聴が起こります。しかし、適切な治療を行えば症状は治まりますし、破れた鼓膜も自然にふさがります。

【診断】

問診で症状の経過を確認し、鼓膜の様子や全身の状態などを見て診断します。

【治療】

軽症の場合は、必要に応じて痛み止めを処方し、様子を見ながら治るのを待ちます。症状が重いときは、抗生物質を処方します。
耳鼻科に行くか、内科・小児科に行くか迷った場合は、かかりつけ医に相談しましょう。診察をした上で必要に応じて近隣の医療機関をご紹介します。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)