急性虫垂炎は、俗に「盲腸」と言われ、盲腸(大腸の一部)につながる虫垂という部分が炎症を起こす病気です。10~30歳の比較的若い世代を中心に幅広い年代でみられます。

 

【原因】

原因ははっきりとはしていませんが、虫垂がねじれたり、便や粘液が詰まることで血行が悪くなり、そこに細菌やウイルスが侵入して炎症を起こすと考えられています。また、食べ過ぎや飲み過ぎ、不規則な生活や便秘などがきっかけとなることもあるようです。

 

【症状】

「右下腹部が痛む」ことで知られていますが、最初はみぞおち辺りの痛みから始まり、胃が重い、食欲がない、悪心・嘔吐などの症状があらわれます。
それから徐々に右下腹部へと痛みが移動し、時間が経つほどひどくなります。
さらに進行すると、発熱がみられます。

 

【検査】

問診と触診で、痛みの程度や場所を確認します。急性虫垂炎では、つま先立ちをした後、かかとを床に勢いをつけて落とす(かかと落とし)と腹部に痛みが出るため、その痛みの有無も調べます。また血液検査で白血球の数やCRP値を見て炎症の度合いを把握します。必要に応じて、エコー検査、CT検査によって他の病気がないかを調べます。

 

【治療】

症状が軽い場合は抗菌薬で抑えることもありますが、炎症がある程度以上の場合は専門の医療機関へご紹介します。手術で虫垂切除をすることもあります。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)