タバコの煙など有害物質を長期間にわたって吸うことにより肺に炎症が起こり、慢性的に呼吸機能が低下する状態をいいます。

【症状】

COPDの主な症状は、咳、痰、体を動かしたときの呼吸困難などです。

【原因】

主な原因は長期にわたる喫煙です。タバコなどの有害物質を長期間吸うことで、気道が狭くなり、空気の交換を行う肺胞が破壊されます。それにより肺の弾力が失われ肺からうまく空気を出すことができなくなることで呼吸困難につながります。

【検査】

呼吸機能を調べるスパイロメーター検査や、COPDの進行度を確認する胸部X線、必要な場合には胸部CT検査などを行います。

【治療】

呼吸機能低下の進行を抑え、病気と付き合いながら今まで通りの生活を送れるようにすることが治療の目標です。COPDの悪化に大きな影響を与えるタバコはやめ、気管支を広げやすくする薬や酸素療法などを行います。ワクチンなど感染症予防も重要です。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)