胸の痛みや不快感は、いろいろな原因が考えられます。そのため、胸が痛い=心臓の病気とは限りません。心臓のほか、消化器、肺、筋肉、神経、骨、皮膚、血管、精神などの病気も胸の痛みの原因となります。症状が軽いものから、すぐに治療が必要ものまでさまざまです。

 

診察の際は、主に次のようなことを聞きながら、原因を探っていきます。

・いつからどこが痛む?

・痛む時間や頻度は?(一瞬だけ、何時間も続く、だんだん痛みが強くなっている、痛みに波がある など)

・どんな痛み?(チクチク、ズキズキ、ビリビリ、刺すような、締め付けられるような、焼けるような など)

・どういうときに痛みが強くなる?楽になる方法は?

・痛み以外の症状は?

 

<一般的な原因>

胸痛の一般的な原因は次のようなものがあげられます

・心臓の病気(心筋梗塞、狭心症、心臓を包む膜の炎症 など)

・肺の病気(気胸、肺がん、肺を覆う膜の感染症 など)

・消化器系の病気(逆流性食道炎胃・十二指腸潰瘍 など)

・神経痛(帯状疱疹 など)

・筋肉痛

・不安やストレスによるもの

 

<危ない胸痛>

・急性(きゅうせい)心筋(しんきん)梗塞(こうそく)

焼けつくような痛みや圧迫感、あご・肩・背中・腕のだるさや呼吸困難が現れます。

詳しく知りたい方はこちら→虚血性心疾患

 

・大動脈(だいどうみゃく)解離(かいり)

背中からお腹にかけて、裂けるような激しい痛みが特徴です。痛みで気を失うこともあります。高血圧などが原因で、大動脈という太い血管が裂けることによって起こります。

 

・緊張性(きんちょうせい)気胸(ききょう)

胸痛の他に、息切れや動悸、めまいが現れます。

肺に穴が開いてしぼんでしまい、全身から心臓に戻る血液の量が少なくなります。そのままではショック状態になるため、すぐに処置が必要です。

 

・肺(はい)塞栓症(そくせんしょう)

肺の血管がつまってしまい、胸痛と呼吸困難が現れます。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)