赤血球が巨大化する貧血(巨赤芽球性貧血)の中にはビタミンB12不足と葉酸不足によるものがあります。悪性貧血とは、ビタミンB12不足による貧血の中でも、ビタミンB12が胃でうまく吸収されないために起こる貧血を言います。

【症状】

頭痛やめまい、動機や息切れなどの貧血症状をはじめ、食事の時に舌のしみる感じや痛みが起こる消化器症状、手や足などのしびれ感などの神経症状が現れます。

【原因】

ビタミンB12は胃の壁細胞から分泌される内因子の手伝いなくして吸収されません。悪性貧血では壁細胞が委縮してしまい、吸収に必要な内因子の分泌が低下してしまいます。ビタミンB12を吸収することができず、ビタミンB12不足になりうまく赤血球を作ることができなくなってしまい貧血になります。

【検査】

採血検査や内視鏡検査で調べられます。

【治療】

ビタミンB12不足に対して、ビタミンB12製剤を筋肉注射します。必要に応じて鉄剤を処方します。


電話受付時間 :9:00-12:00(月~土)・14:30~18:00(月・水~金)